香川の漁業込網Stownet Fishery

イカナゴの代表漁法

潮流と平行に袋状の網を敷設し、魚が乗るのを待ってとる漁法。
いかなご込網、餌料いわし込網、いか込網、まながつお込網などの種類があり、 漁期、漁獲物や網地などは異なりますが、漁具構造はほぼ同じです。

出典:「香川の漁具・漁法・魚」香川県農林水産課発行

「イカナゴ」の込網(通称 コマシ、コマセ、バッシャ)の場合

漁具
袖網、丸網、袋網、錨などからなる。目合は袖網76cm、袋網16~3.5㎝。
錨は1個400~500kg。錨と錨の間隔は150~200m。
漁法
潮流と袋網が平行になるよう、2個の錨を打って固定し、潮流に乗って来る魚を待ち受けてとる。普通、潮の動き始めから、潮が緩むまで約5時間操業し、潮が止まっている時に漁具を揚げる。操業は昼間。潮流の緩い小潮時は休業する。
漁船
5~19トンの漁船1隻で行う。乗組員は普通3人。
漁期
いかなご込網1月15日(又は2月1日)~6月30日。いか込網4月20日~6月20日。
餌料いわし込網7月1日~7月31日。まながつお込網6月15日~8月31日。
漁場
備讃瀬戸

goTop